パーフェクトワン モイスチャーゲル

突然のおばちゃん発言

今日も会社には多くの来客が訪れます。私はニコニコと返事をしたり、お茶を出したりしながら仕事をこなしていました。そんなある日のことです。

 

 

ちょっと、おばちゃん!


 

 

…………


 

 

聞こえないの?そこの事務のおばちゃんって!


 

 

私ですか?


 

 

他におばちゃんはいないやろ!


 

早口の関西弁でそうまくしたてる顧客の前で顔を赤くする私と、聞いていないふりをする事務所にいた営業の人たち。

 

確かに、私はもう40代でおばちゃんという年齢でしょう。子どもたちの友達からはもちろんおばちゃんと呼ばれています。

 

けれど、職場ではそんなことはありませんでした。名字や、親しみをこめたあだ名で呼ばれていたこともあり、突然のおばちゃん発言に固まってしまったのです。

 

 

ありがとうございました。


 

お客さんに頭を下げながら、私の中でふつふつと湧きあがるものがあります。

 

 

(もう、事務のおばちゃんなんて呼ばれたくない!)


 

 

次の『 笑顔の原動力 』へ

 

 

 

パーフェクトワンストーリー 』を最初から読む

 

 

 

突然のおばちゃん発言|新日本製薬パーフェクトワン物語



このエントリーをはてなブックマークに追加