パーフェクトワン オールインワンジェル

まあいいか…

使い始めて何日かすると、朝起きた時の肌の調子が違うことに気付きます。お化粧ののりも良いですし、あれだけ気になっていたしわが薄くなっているような気がしました。

 

こうなってくると、毎日が楽しく、お客さんや取引先の人がやってくるのが待ち遠しいくらいです。

 

 

仕事慣れてきたみたいだね。いつも明るいから助かるよ!


 

 

そう言ってもらえると嬉しいです。ここでの仕事が楽しくて。


 

朝晩パーフェクトワンでお手入れをするだけで、こんなに人生が変わるとは思いませんでした。そんな私に社長が言います。

 

 

もし良かったら、毎日来てくれるともっと助かるんだけど…


 

私はすぐに頷いていました。もう、髪の毛は結んだだけ、化粧とは無縁、そんな私には戻りたくありません。

 

肌がそれほど強いわけではない私ですが、バラベン、合成香料、合成着色料が無添加のパーフェクトワンモイスチャージェルは、肌荒れを起こすこともなく、私はすっかり気に入ってしまいました。

 

とはいえ、パートタイマーですが、毎日続けると言うのは難しいものです。家では当然主婦業がありますから、バタバタと目まぐるしく時間が過ぎていきます。

 

気付けば、最初に買ったパーフェクトワンモイスチャージェルが残り少なくなっていました。

 

けれど、パソコンを開く間もなく眠ってしまうような生活が続いていた私は、そのまま注文することを忘れてしまったのです。

 

 

まあいいか…


 

ここのところ、肌はモチモチになっていましたし、手元にはこれまでに使っていた化粧水や乳液があります。カプセルコラーゲンの力はそう簡単に消えることはないだろうと、パーフェクトワンモイスチャージェルが無くなってもそのままにしていました。

 

パーフェクトワンのないお手入れは、久々に少し面倒なことと、肌につけた瞬間の潤いが感じられません。

 

それでも、カプセルコラーゲンが奥まで浸透しているのか、パーフェクトワンモイスチャージェルを試す前のようにカサカサにはならず、それなりの状態を保っているようです。

 

 

次の『 突然のおばちゃん発言 』へ

 

 

 

パーフェクトワンストーリー 』を最初から読む

 

 

 

まあいいか…|パーフェクトワンモイスチャージェル物語



このエントリーをはてなブックマークに追加